白河市でおすすめの人材派遣会社を紹介!口コミで人気の業者を厳選しました。

派遣社員として働くのに向いている人と向いてない人の違いとは?

公開日:2021/12/01  最終更新日:2021/11/12


派遣社員に興味はあるけど、仕組や働き方など詳しいことは知らないという方も多いのではないでしょうか。ここでは派遣を検討している方の参考になる、派遣社員の働き方や向いている人、向いていない人の特徴を紹介します。これから派遣社員として仕事をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

派遣の働き方にはどのような特徴がある?

派遣にも種類があり、種類によって働き方や向いている人のタイプが異なります。まず、派遣の雇用形態には大きく分けて「常用型派遣」と「登録型派遣」という二つがあります。

「常用型派遣」は、派遣会社と期間の定めのない正社員として契約をする雇用形態です。派遣先での契約期間が満了となった後、待機期間も派遣会社から給与が支払われ、昇給や賞与もあります。専門的なスキルのある研究職やエンジニアなどの技術者などが常用型派遣として多く活躍しています。派遣であっても収入が安定するのが常用型派遣です。

「登録型派遣」は、派遣先との契約期間だけ派遣会社と有期の雇用契約を結びます。一般的に「派遣」と呼ばれるのはこの「登録型派遣」になります。常用型派遣と比較して登録型派遣の方が職種や求人数が豊富で未経験OKであることも多いため、多くの方にとって働きやすいのが「登録型派遣」です。登録型派遣は自分の希望の職種や働き方を選びやすく、契約期間の満了後に待機期間をどの程度とるかも自由に決めることができます。残業もほとんどないので、まとまった休みが欲しい人などプライベートを充実させたい人には登録型派遣がおすすめです。

どちらのタイプの派遣も雇用契約は派遣会社と結びます。そのため給与の支払いや福利厚生は派遣会社の管轄となります。業務についての指示は派遣先の企業から受けますが、就業時間や残業など勤務形態について、その他の相談も派遣会社の担当者に行うようです。有休休暇の申請は、就業先の企業と派遣会社両方に行います。

また、派遣社員は労働派遣法改正法によって契約期間に制限が設けられています。例外を除いて、どのような職種であっても同じ職場で3年以上働くことはできない「3年ルール」があることも覚えておくといいでしょう。

派遣社員として働くのに向いている人の特徴

登録型派遣は契約期間に定めがあり、契約期間の満了時に更新を行わなければその職場での仕事は終了となります。そのため、留学や進学、就職が決まっていて、それまでの期間に仕事をしたいという方に向いています。

また、残業もほとんどなく、契約期間の満了後は自分の好きな長さで、待機期間として休みをつくることもできるのでプライベートを充実させたい方にもおすすめです。いろいろな仕事を経験してみたい人にも登録型派遣がおすすめです。研究職や技術職でさらに自分の力を高めたいという方は、常用型派遣で複数の現場を経験することでスキルアップにつなげることができます。

派遣は働く時間や日数も自分の都合に合わせることができるので「土日祝や連休だけ」「週12回」など、メインの仕事と別に副業として派遣で働き収入を得る方もいます。副業で派遣をする理由は、スキルアップや純粋に収入を増やしたいなどさまざまです。

派遣には紹介予定派遣というものもあります。これは一定期間派遣として勤務したあと、派遣先の企業で直接雇用されることを前提とした、採用する人を紹介する派遣スタイルです。求人内容や面接だけでは、その企業の実態や自分に合っているかわからず不安という方も多いのではないでしょうか。

正社員として一度入社してしまうと簡単には辞めづらいうえ、また転職活動をするのも大変です。紹介予定派遣は、企業側もその人が社風とマッチしているか、スキルがどの程度かなどを確認できます。派遣期間を使いお互いに理解を深めることができるので、雇用のミスマッチが起きづらく企業にとっても働く人によってもメリットのある形態といえます。正社員を目指している方には、紹介予定派遣がおすすめです。

派遣社員として働くのに向いてない人の特徴

派遣は同じ職場で勤めることのできるのは3年までという「3年ルール」があるため、同じ会社で長く勤めたいと考えている方に派遣はおすすめしません。

また、企業の業績が悪くなったときに最初に解雇されるのは派遣などの非正規雇用社員です。社会全体が不況になれば派遣先も見つけにくくなります。昇給や賞与もなく、交通費が支給されないことも多いので、高収入は望めません。家族を養っているから安定した収入を得たい、収入を上げたいという人には派遣は不向きといえます。

また、派遣はいわれたことを淡々とこなすことを求められる業務が多いため「もっとこうしたほうがいいのでは?」といったアイデアを出し実行したいという人にも不向きです。派遣は複数の職場を渡り歩くので、それぞれの職場で円滑に人間関係を構築できるコミュニケーション能力が求められます。そのため、人となじむのに時間がかかるタイプの人は、派遣は向いていないといえます。

 

派遣の種類とそれぞれの特徴、向いている人と向いていない人について解説しました。大切なのは自分の生活スタイルや働く目的、価値観に合った働き方ができる場所を選ぶということです。どれが正解というものではないので、自分が一番幸せと感じる暮らしができる働き方を選ぶといいでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

職探しはタイミングも大切です。よいタイミングで人材派遣会社に登録することで、派遣社員としてのスムーズな就業につながります。そこで、ここでは人材派遣会社に登録するベストなタイミングについて解説
続きを読む
派遣社員は人材派遣会社と雇用契約を結んで、さまざまな企業へ派遣されます。人材派遣会社との契約のために登録会に参加しなければなりません。今回は人材派遣会社の登録会に持っていくべきアイテムと登録
続きを読む
派遣社員として働いている人は、もう少し収入を増やしたいと思っているのではないでしょうか。収入を増やしたい場合、派遣社員は掛け持ちしても良いのか気になりますね。派遣社員の仕事は、掛け持ちが可能
続きを読む