白河市でおすすめの人材派遣会社を紹介!口コミで人気の業者を厳選しました。

派遣で医療事務にチャレンジできる!必要な資格やメリットはある?

公開日:2023/08/15  最終更新日:2023/06/16


病院や診療所で働く医療事務スタッフは、派遣としてチャレンジすることも可能な職種です。しかし、そもそも医療事務とはどのような仕事なのか、また、派遣で働くことのメリットは何かを疑問に感じる人は多いでしょう。今回は医療事務として派遣で働くことについて、仕事内容から資格、メリットまで詳しく解説します。

医療事務ってどんな仕事?主な勤務先の種類

医療事務の勤務先や業務内容は、以下の通りです。

病院

一口に病院といってもさまざまな規模の病院がありますが、大きな総合病院などでは受診患者・入院患者の数も多く、医療事務の業務も配属先ごとに分担されます。主な業務には、受付窓口や会計業務、レセプト業務に加え、各診療科窓口での外来クラーク業務、ナースステーションにて医師や看護師を支える病棟クラーク業務などがあります。

「窓口や会計などを専門にして働きたい」「病棟クラークとしての知識・スキルを磨きたい」など、特定の業務に専門的に取り組みたい人には、総合病院のような規模の大きい病院が向いているでしょう。大きな病院は派遣社員の福利厚生も充実している場合が多く、併設の保育所を利用できるケースもあります。

診療所

診療所は規模の大きな病院とは違い、1つの施設に多くの医療事務スタッフが在籍しているわけではありません。そのため、受付窓口や会計、レセプト、クラーク業務などをすべてこなす必要があり、医療事務の経験がない人にはハードルが高いと感じられるでしょう。ブランクありで派遣社員として復帰したい場合などは、診療所の医療事務も選択肢の1つとしておすすめです。

また、美容皮膚科や美容外科、矯正歯科のように自由診療が多い診療所では、他の診療科の施設と比較すると給与が高くなる傾向です。医療事務としてカウンセリング業務にも携わる場合は、インセンティブが支払われることも珍しくありません。これまで営業職などで働いていた人は、カウンセリングで営業力を活かせる可能性が高いです。

在宅医療

在宅医療における医療事務の仕事は、訪問時の同行サポートです。使用する医療器具の準備やスケジュール管理、カルテ入力、移動のための運転なども業務に含まれるため、多くの求人で運転免許証が必須とされています。

治療院

治療院とは、接骨院やマッサージ院、鍼灸院などです。業務内容は診療所に近いですが、勤務時間が20時・21時までといった求人が多いため、子育て世代には難しいケースもあります。

医療事務を派遣社員で始めるメリット・デメリット

医療事務として働くことを決めた際、正社員と派遣社員のどちらを選択するか悩む人も多いでしょう。ここでは、医療事務を派遣社員で始めることのメリット・デメリットを紹介します。

メリット1:勤務先の選択肢が広がる

「家から近い病院で働きたい」と思って求人を調べても、そもそも病院のホームページなどに医療事務の募集案内が掲載されていないこともあります。医療事務職をすべて外部に委託している病院の場合、委託先の派遣会社からでなければ勤務できません。派遣会社に登録すれば、自身で医療事務の募集を探しても見つけられない求人も紹介してもらえるため、勤務先の選択肢が広がります。

メリット2:未経験からでも挑戦しやすい

医療事務の採用では学歴・年齢よりもこれまでの経歴が重要視されることから、未経験で正社員として採用されるのは難しいケースもあります。しかし、派遣であれば未経験でも働ける職場を紹介してもらえるため、知識・スキルがない状態からでも挑戦しやすいのがメリットの1つです。

メリット3:勤務先変更がしやすい

正社員として採用されると、職場が自分に合わない場合でもすぐに辞めることは難しいでしょう。派遣社員として働けば、不安な場合はまずは短期での契約からスタートすることも可能です。勤務先の変更を検討したい場合は派遣会社の担当スタッフにも相談できるため、自分に合った職場を見つけやすいのは大きなメリットとなります。

デメリット1:契約期間満了後に働き続けられないこともある

派遣社員として働く場合は、勤務開始時に勤務期間が定められます。期間満了時に更新することでその後も働き続けられますが、必ずしも更新に応じてもらえるとは限りません。また、病院側が契約する派遣会社を変更した場合には、派遣契約が解消されてしまうケースもあります。

デメリット2:待遇面に不安がある場合も

医療事務に限ったことではありませんが、どの業界でも派遣社員の待遇面は正社員よりも充実していないことが多いです。「福利厚生の充実を重視したい」「ボーナスや退職金がしっかりともらえる職場で働きたい」という人は、派遣社員よりも正社員を目指す傾向にあります。

医療事務として働くにあたって資格は必要なのか

医療事務には保有が必須となる資格はありません。「医療事務」という免許もないため、基本的には誰でも医療事務として働くことが可能です。ただし、医療事務として働くには、ある程度専門的な知識が必要となるケースもあります。これまで勤務経験がない人は、医療事務に関する民間資格を取得しておくと安心です。

まとめ

今回は、派遣で医療事務にチャレンジする際の具体的な職場、メリットや資格について詳しく解説しました。医療事務の勤務先には病院や診療所などがあり、職場によって必要となる知識や求められるスキルも異なります。自身の希望する働き方を派遣会社に伝え、最適な職場を選択しましょう。また、派遣として働くことで勤務先の選択肢が広がる、未経験からでも働きやすいなどのメリットがある一方で、待遇面での不安が大きいなどのデメリットもあります。職場に求めるものや重視したい条件を明確にして、自分に合った働き方を見つけてください。派遣の医療事務に興味がある人は、今回の記事をぜひ参考にしてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

「どの派遣会社を選べば希望通りに働ける?」「派遣会社に違いはあるの?」など、派遣会社に登録したいと思っていても、どんな基準で選んだらいいのかわからずお悩みの方が多いのではないでしょうか。 こ
続きを読む
病院や診療所で働く医療事務スタッフは、派遣としてチャレンジすることも可能な職種です。しかし、そもそも医療事務とはどのような仕事なのか、また、派遣で働くことのメリットは何かを疑問に感じる人は多
続きを読む
派遣社員として働く際、正社員と同じように交通費をもらえるのか疑問に思う人もいらっしゃるかと思います。派遣社員も正社員と同じく交通費の支給はあるものの、交通費の支給方法によっては課税対象として
続きを読む
人材派遣関連コラム