白河市でおすすめの人材派遣会社を紹介!口コミで人気の業者を厳選しました。

子育て中の主婦が派遣社員として働くメリット・デメリットとは?

公開日:2023/01/15  最終更新日:2022/12/21

子育て中の主婦にとって、どういった形態で働くかというのは悩みのタネです。正社員としてフルタイムで働くのは厳しいので、最近は子育てママは派遣社員という働き方を選択している方も多いです。ここでは、子育て中の主婦が派遣社員として働くメリットとデメリットについて解説します。

子育て中の主婦が派遣社員として働くメリット

子育て中の主婦が派遣社員として働くメリットについて解説します。どういった形態で働くか迷っている方は参考にしてください。

時給が高い

派遣社員の時給は、パートと比べると高めになっています。また、派遣会社の福利厚生を利用できたり、スキルアップのための講座を受講できたりと働くにあたって手厚いサポートがあるところも派遣社員として働くメリットです。

ライフスタイルに合わせて仕事を探せる

派遣社員はフルタイムの募集だけではないので、ライフスタイルによって仕事を探せるのがメリットです。正社員だと、フルタイムや残業などで子どもにあまり寄り添ってあげられないのがデメリットです。一方派遣社員は、週3日希望、残業なし、時間帯の希望などを事前に派遣会社の担当に伝えることで、自分のライフスタイルにあった就業先での就業が可能です。

自分でパートの仕事を探すとなると、「情報誌を細かくチェックしたり、面接に行ったりしたけれど、自分の希望する条件では働けなさそう…」となることがよくあります。せっかく面接までこぎつけても、小さい子どもがいると面接の際に企業からお断りされてしまうこともあります。派遣会社を通じて仕事を探せば、ライフスタイルに合う仕事がスムーズに見つかるでしょう。

トラブルは派遣会社が間に入ってくれるので安心

子育て中の主婦が仕事をするにあたって悩みのタネが、子育てでしばらく仕事をしていないので久しぶりに仕事をこなせるかどうかです。派遣社員として働く場合、何か悩みやトラブルがあれば、派遣会社の担当者に相談できます。実際に働き始めたら、子育て中の主婦ならではの悩みも出てくるかもしれません。

もう少し就業時間を短くしたい、残業を頼まれてしまい困っているなど、何かあったら派遣会社が仲介してくれるので、久しぶりに働く場合も安心して働くことができるのが、派遣社員として働くメリットです。

子育て中の主婦が派遣社員として働くデメリット

派遣社員として働くにあたり、デメリットももちろんあります。子育て主婦が働くにあたり、デメリットとなるポイントを解説します。

契約更新されるか分からない

派遣社員として働く場合、契約期間を結んで働くのが一般的です。最初は試用期間として1か月、その後は3か月や6か月ごとに契約更新されることが多いですが、契約更新されるかは企業次第です。自分が派遣先で働くことに慣れ、「この職場で働きたい!」と思っても企業からの評価が思わしくないと契約を切られて無職になってしまうのが派遣社員として働くデメリットです。子どもが小さいうちは体調不良で熱を出したりすることが多く、仕事を休まないといけないことも多いです。

そのため、派遣先が少人数の職場だと迷惑がかかってしまいます。子どもが小さいうちは、時給の高い職場を無理に狙わずに、人が多い職場やママが活躍している職場など、子育て中の主婦でもよいといってくれる職場を探すのがおすすめです。

契約中は仕事をやめづらい

派遣社員として働く場合、契約期間中は簡単には仕事をやめづらいのがデメリットです。契約期間中に仕事をやめてしまうと、職場にも派遣会社にも迷惑がかかってしまいます。

また、次の仕事を派遣会社から紹介してもらいたくても、よい条件の仕事は紹介してもらえないでしょう。期間満了まで仕事を続けるのがベターです。長期間働けるか不安な場合は、契約を1か月更新にしてもらうなど、派遣会社に相談するとよいでしょう。

長期就業はできない

派遣社員は「派遣社員は同一の組織(課やグループ)で3年以上働き続けられない」「事業所は派遣社員を3年を超えて受け入れてはならない」という法律のもと働かなければなりません。そのため、同じ職場で3年以上働き続けることはできなくなっています。3年たって直接雇用に切り替えてもらえる場合もありますが、企業次第なので働き方に安定感がないのが派遣社員として働くデメリットです。

子育て中の主婦に向いている職種

子育て中の主婦に向いている職場は、子どもが熱を出したときに休みやすい職場、お迎えや家事に影響がないように残業が少ない職場などです。では、どんな職種がおすすめなのでしょうか。

一般事務

残業が少ない、週4勤務などの希望でも働きやすいのが、一般事務の仕事です。基本的なパソコンスキルがあれば就業可能なところが多いですが、事務の経験や高いスキルがあれば、採用される可能性は高くなるでしょう。

コールセンター

コールセンターは、時給が高くシフト制で時間の融通がきくことが多いです。電話でお客さんとコミュニケーションをとる仕事なので、時にはお客さんから辛辣な言葉をあびせられることもあります。接客や電話対応が得意な方であれば、高時給かつ、時間の融通がきくのでおすすめです。

軽作業

軽作業は、工場などでライン作業、ピッキング、梱包などをする職種です。未経験、大量採用などで人材を募集していることが多く、久しぶりに仕事をする主婦でも仕事がしやすいです。人が多いところであれば、誰かが休んでもほかの部署から応援の人が来てくれるので、子どもが体調を崩しやすい主婦にもおすすめです。

まとめ

子育て中の主婦が仕事をするとなると、正社員でフルタイムや時短勤務、パートタイマーとして働くという選択肢が一般的でした。しかし近年、派遣社員はその中間といった働き方ができるので、子育て中の主婦にも人気があります。派遣委社員として働くメリットとデメリットを理解したら、ぜひ自分のライフスタイルに合った仕事を探してみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

子育て中の主婦にとって、どういった形態で働くかというのは悩みのタネです。正社員としてフルタイムで働くのは厳しいので、最近は子育てママは派遣社員という働き方を選択している方も多いです。ここでは
続きを読む
派遣社員でも、一定の条件を満たすと社会保険に加入できます。ただし、条件は保険の種類によって異なり、中には条件が複雑なものもあるので、自分が加入対象なのか分かりにくくなりがちです。そこで、ここ
続きを読む
人材派遣会社の登録会は、仕事を始める第一歩です。登録会は準備万端で参加し、気持ちよくスタートを切りたいものです。ここでは、人材派遣会社の登録会に参加する際の持ち物について解説します。登録会の
続きを読む