白河市でおすすめの人材派遣会社を紹介!口コミで人気の業者を厳選しました。

転職回数が多いと採用が不利になるというけれど…派遣社員の場合は?

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/04/12


派遣社員で働いている場合、就業先が一定期間で変わるために転職回数が多くなります。転職回数が多いと就業に不利になると考え、履歴書や職務経歴書にどのように書けばいいのか不安になる方もいるのではないでしょうか。今回は、派遣社員で働く場合は転職回数の多さが不利になるのか、気をつけること、職歴の書き方などを紹介していきます。

派遣社員は転職回数が多くても不利にはならない

一昔前と比べて転職が一般化している現在でも、転職回数の多さに対してネガティブなイメージを持つ企業は少なくありません。一方で、転職回数が多いことはいろいろな企業での経験やスキルが豊富というポジティブなイメージを持つ企業もあるようです。

なお、派遣社員には「同じ派遣先の同じ部署で3年以上は働けない」という3年ルールというものがあります。基本的には職場や仕事内容が変わることを前提とした働き方のため、正社員の転職とは異なり、転職回数の多さに関してはあまり重要視されていないのです。

派遣社員は転職回数よりも、なぜ派遣を選択したのかという理由や転職の動機のほうが重要となってきます。つまり、転職回数が多くても不利にはなりませんが、今後働く職場でどのように活躍していきたいのかを語れるかどうかが重要となってくるでしょう。

転職回数が多い場合に気をつけたいポイント

派遣として働いていた方が新たな派遣先を探す場合は、転職回数が多いからという理由だけで不利にならないことは先程お伝えした通りです。逆に、経験豊富な派遣社員という評価がもらえる場合もあります。転職回数の多さをマイナスに考えることなく、むしろ派遣社員として豊かな経験を積んだ結果であることに自信を持ちましょう。

ただし、ひとつひとつの派遣先の雇用期間が短期間の場合が多いときは注意が必要です。なぜなら、「仕事に飽きやすい」「トラブルをおこしやすい」といった理由から、派遣先でも短期間で辞めてしまうのではないかと不安に思われる場合があるから。

派遣先としては、一定期間働いてほしいという想いで派遣社員を募集しているため、契約期間よりも短く辞めてほしくないのです。短期間での転職が多い場合は、もともと短期契約だったことや短期で辞めなければいけなかった理由をしっかりと伝えることができれば問題ないでしょう。

履歴書や職務経歴書に職歴を書くときのポイント

派遣社員は一定期間で就業先が変わるため、履歴書や職務経歴書に書く内容がどうしても増えていきます。派遣社員として働いている期間が長い方は、すべての職歴を細かく書くことは難しいときもあるでしょう。

履歴書には今までの経歴をすべて書く必要がありますが、職務経歴書には全てを書く必要はありません。あくまでも履歴書が自己紹介をするための書類だとしたら、職務経歴書は選考を有利に進めるための書類です。職務経歴書に記載する職歴が多い場合は、必ずしも全ての経歴を書くのではなく、内容の取捨選択をして書きましょう。

相手に自分のこれまでの経験を分かりやすく伝えられるように、職歴の書き方の工夫が必要です。職歴の書き方としては、主に3つの書き方があるので、派遣先に応じて職歴を書きましょう。

職種ごとに書く方法

一番分かりやすい方法としては職種ごとに職歴をまとめる方法です。最もシンプルで伝わりやすい方法といえます。職種ごとに記載することで、これまでの経験やスキルなどが一目で伝えることができるでしょう。

雇用主ごとに書く方法

すっきりとした書類にしたい場合は、雇用主である派遣会社ごとに書く方法がおすすめです。はじめに雇用主を記載し、期間ごとに派遣先を記載します。雇用主ごとにまとめることができるため、見やすくなりますが、多くの派遣会社に勤めている場合は、少し見づらくなってしまうかもしれません。

伝えたいメッセージを絞って書く方法

今までに希望職種に近い仕事を経験している方は、その職歴を中心に書くという方法も効果的です。なぜなら、相手に即戦力として働けることをアピールできるから。また、少しでも短期間でやめるのではないかと心配されるのが不安だと感じるのであれば、就業期間の長い職歴をメインに記載することで、相手に長く働いている印象を与えることができるでしょう。

さらに、経験した業務やスキルなど、記載する内容も充実させることができるために効果的です。そのほか、資格やスキルがある場合は、実務で資格やスキルを活かせることができた職歴を中心に書くのも1つの方法です。

 

派遣社員として働くと多くのスキルや経験が身につきます。派遣社員の特性上、一定期間で就業先が変わってしまうため、転職回数だけは多くなってしまいますが、決して次の就業に不利になることはありません。ただし、派遣先を短期間で辞めてしまっている場合は理由を問われることがあるので、なぜ短期間で終了したのか正当な理由を答えられるようにしておきましょう。

また、転職回数が多い分だけ、履歴書や職務経歴書に記載する職歴が多くなってしまいます。全てを記載することが重要ではなく、ポイントをしぼり、相手に自分が伝えたい内容を分かりやすく伝えることを念頭に置いて書きましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

職探しはタイミングも大切です。よいタイミングで人材派遣会社に登録することで、派遣社員としてのスムーズな就業につながります。そこで、ここでは人材派遣会社に登録するベストなタイミングについて解説
続きを読む
派遣社員は人材派遣会社と雇用契約を結んで、さまざまな企業へ派遣されます。人材派遣会社との契約のために登録会に参加しなければなりません。今回は人材派遣会社の登録会に持っていくべきアイテムと登録
続きを読む
派遣社員として働いている人は、もう少し収入を増やしたいと思っているのではないでしょうか。収入を増やしたい場合、派遣社員は掛け持ちしても良いのか気になりますね。派遣社員の仕事は、掛け持ちが可能
続きを読む