白河市でおすすめの人材派遣会社を紹介!口コミで人気の業者を厳選しました。

紹介予定派遣とはどのようなもの?一般的な派遣との違いも解説!

公開日:2021/11/01  最終更新日:2021/10/19

派遣には最も一般的な「登録型派遣」、派遣会社の正社員として働く「常用型派遣」のほかに「紹介予定派遣」という種類があります。今回の記事では、紹介予定派遣とはどういったものなのか、一般的な派遣との違いやメリット、注意すべき点を紹介します。派遣社員として働きたいと思っている方は、しっかりチェックして知識をつけておきましょう。

紹介予定派遣とはどのようなシステムなのか?

紹介予定派遣は、派遣先で正社員や契約社員として直接雇用されることを前提とした、派遣会社が企業に人を紹介する派遣制度です。最長6か月、派遣社員として勤務したのち、企業と社員が合意することで直接雇用に至ります。

企業側にとって派遣期間はその人のスキルや人柄を確認する試用期間のようなもので、働く側も自分に合った職場かどうか実際に働いてみて確認します。どちらかがNGの場合は直接雇用にはならないため、確実に直接雇用が約束された制度ではありません。

派遣期間中、業務に関わる指示は派遣先の上司が行いますが、給与は派遣会社から支払われ、社会保険なども派遣会社で加入します。派遣期間が終了して正社員として登用されると、派遣先と正式に雇用契約を結び給与や社会保険も派遣先企業の管轄となります。

紹介予定派遣と一般的な派遣の違い

一般的な派遣も紹介予定派遣も、派遣会社で登録を行い紹介された派遣先で勤務するという点では同じですが、求人方法や派遣期間、派遣中のルールなどに違いがあります。

まず、紹介予定派遣の場合、派遣会社は求人の時点で将来的な直接雇用を前提とした派遣であることを明示しておく必要があります。応募者も、直接雇用前提であることに合意したうえで申込を行います。

一般的な派遣は派遣先の企業と雇用契約を結ぶわけではないため、書類選考や面接は行われませんが、紹介予定派遣は直接雇用を前提としているので、就業前に派遣先企業で書類選考や面接が行われます。そのため、審査時点で企業側から断られる可能性もあります。

また、一般的な派遣の派遣期間は最長3年ですが、紹介予定派遣の場合は6か月です。直接雇用が前提であっても、派遣中は事前に取り決められた範囲内で業務を行います。取り決めを逸脱した業務の指示を受けた場合は派遣会社に相談してください。

一般的な派遣は、派遣期間中に派遣先が派遣社員を直接雇用することは禁じられていますが、紹介予定派遣であれば派遣期間途中であっても双方の合意があれば直接雇用に切り替えることが可能です。

紹介予定派遣の利点

紹介予定派遣は、正社員として職探しをしている人にとってさまざまなメリットがあります。

まず、雇用にあたっての条件面などについて、紹介予定派遣の場合は派遣会社に交渉を代行してもらうことができます。条件面は自分ではなかなか伝えにくい部分なので、交渉がしやすい点は大きなメリットといえます。

また、派遣会社を通すことで通常では未経験の応募が難しい企業や職種に就職できる可能性があがります。派遣会社での研修やアドバイスなどのバックアップもあるので、キャリアチェンジをしたいけれど未経験の業種で採用される自信がないという方も安心です。

職場の雰囲気や業務が自分に合っているかなど、実際に働いてみないとわからないことはたくさんあります。紹介予定派遣であれば実際に働きながら、長く働けそうな会社かどうかを判断できるため、より精度の高い転職が可能となります。

もし自分に合っていないと感じたり、企業から断られたりした場合も紹介予定派遣の場合は、すぐに次の職場を紹介してもらうことができます。自分で会社を探して直接応募し、合わないと感じて半年で退職、改めて会社探し…というのは大変なうえ経歴としてもマイナスです。そういった心配がない点も紹介予定派遣のメリットです。

派遣会社に登録することで、担当者が自分にあった会社探しを手伝ってくれます。担当者のアドバイスで、より自分に合った職場が選びやすくなるので「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」という方にもおすすめです。

紹介予定派遣で働く際に注意するべき点

紹介予定派遣で働く際の注意点として、直接雇用といっても正社員とは限らない点が挙げられます。紹介予定派遣の条件はあくまで「直接雇用」で、雇用形態に定めはありません。そのため、正社員ではなく契約社員の可能性もあります。直接雇用の際の雇用形態については、事前に確認をしておいたほうがいいでしょう。

また、紹介予定派遣は必ず直接雇用されるというわけではありません。社員側が断ることもあれば、企業側から断られることもあります。そういった可能性もあることも覚えておきましょう。

派遣期間の労働時間や賃金は企業と派遣会社の間で取り決められていますが、その後の直接雇用では条件が変わる可能性があります。正式に雇用契約を結ぶ前に、労働条件についてきちんと確認しておきましょう

 

紹介予定派遣は、直接雇用を目指す人にとってさまざまなメリットがあります。派遣会社を利用することでさまざまな研修を受けることができたり、会社選びのアドバイスを受けたりでき、就職先が決まるまでサポートを受けることができます。自分にあった職場探しに、紹介予定派遣の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

職探しはタイミングも大切です。よいタイミングで人材派遣会社に登録することで、派遣社員としてのスムーズな就業につながります。そこで、ここでは人材派遣会社に登録するベストなタイミングについて解説
続きを読む
派遣社員は人材派遣会社と雇用契約を結んで、さまざまな企業へ派遣されます。人材派遣会社との契約のために登録会に参加しなければなりません。今回は人材派遣会社の登録会に持っていくべきアイテムと登録
続きを読む
派遣社員として働いている人は、もう少し収入を増やしたいと思っているのではないでしょうか。収入を増やしたい場合、派遣社員は掛け持ちしても良いのか気になりますね。派遣社員の仕事は、掛け持ちが可能
続きを読む